冬の洗顔の仕方と注意

皆さんは、自分自身の肌質が、季節によっても変化するということをご存知でしょうか。 特に冬は、空気が乾燥するため、肌が乾燥しやすい状態になっています。 また、室内であっても、暖房器具の使用によって空気が乾燥していますし、冬は分泌される皮脂の量も減少するため、何かと肌が乾燥しやすい条件がそろっている季節でもあります。

そのため、冬に使用する洗顔料には、保湿効果を求めることが大切になります。 保湿成分の含まれた洗顔料を使用して、肌に潤いを与えてあげるようにしましょう。 洗顔をする時は、きめ細かい泡を作り、泡だけで洗うようにしましょう。 先ほど記述した通り、冬は皮脂の分泌量が減少しているため、ゴシゴシと洗うのはご法度です。 肌を傷つける原因にもなるので、泡だけで優しく洗いましょう。

また、すすぐ時は、寒いからといって、熱めのお湯を使用するのは、必要以上に皮脂が流れ落ちてしまう原因になりますし、肌への負担が大きくなります。 すすぎに使用するお湯の温度は、肌と同じくらいの温度にしましょう。

注目コンテンツ

Copyright(c) 2011 肌を傷つけない洗顔の仕方とポイントを知ろう. All Rights Reserved.