夏の洗顔の仕方と注意

肌質に合う洗顔料を見つけた時、皆さんはその洗顔料を1年中使い続けますか? それとも、季節によって洗顔料を使い分けますか? 実は、肌質というのは、季節によっても変わることがあります。 つまり、先ほど質問したことは、後者のほうが適切であり、季節によって洗顔料や洗顔の仕方を変えるのが、肌にとっては一番良いのです。

皆さんも、毎年体感しているかと思いますが、夏は汗や皮脂の分泌量が増加します。 そのため、「ベタベタした感じが気持ち悪いから」といって、1日に何度も洗顔をする方もいらっしゃるかと思うのですが、この行為は、必要以上の皮脂を取り除いてしまい、逆に皮脂の分泌量が増えるのでよくありません。 様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。

では、肌のベタつきはどうしたらよいのかというと、朝と夜以外に洗顔する場合は、ぬるま湯で洗い流すだけに留めておきましょう。 これだけでも、充分さっぱりすると思います。 また、朝と夜の洗顔をする時は、保湿成分の含まれている洗顔料を使用しましょう。 夏だからといって時間をかけると、肌の乾燥を招くので、30秒程度で済ませるようにしましょう。

注目コンテンツ

Copyright(c) 2011 肌を傷つけない洗顔の仕方とポイントを知ろう. All Rights Reserved.