固形タイプの洗顔料の保管方法

他の種類の洗顔料と比較して、肌への刺激が少ないという理由から、安全性の面で人気を集めている固形タイプの洗顔料、すでに使用されている方もいらっしゃるかと思います。 しかし、使い終わってそのままにしておくと、濡れてヌルヌルしてしまうことが多いのではないでしょうか。

浴室に保管されている方が多いかと思うのですが、「浴室は湿気が多いから仕方がない」と、諦めていませんか? 実はその「ヌルヌル」は、洗顔料が溶け始めている証拠です。 また、固形タイプの洗顔料が濡れているということは、雑菌が繁殖しやすい状態であるため、不衛生といわざるを得ません。

では、固形タイプの洗顔料は、どのように保管したら良いのかというと、「湿気が少なく、風通しの良い所」です。 しかし、この保管方法が難しい場合もあるかと思うので、そのような場合は次のような方法で保管することで、浴室での保管も可能になります。

アルミホイルを使用する

ヌルヌルしている所にアルミホイルを付けると、浴室で保管していても溶けにくくなります。

スポンジを使用する

石鹸置きの上にスポンジを置き、その上に固形タイプの洗顔料を置くと、スポンジが水分を吸収してくれるので、浴室で保管していても溶けにくくなります。 アルミホイルとスポンジは、どこの家庭にもあるかと思うので、是非今日から試してみて下さい。

注目コンテンツ

Copyright(c) 2011 肌を傷つけない洗顔の仕方とポイントを知ろう. All Rights Reserved.