肌を傷つけない洗顔の仕方とポイントを知ろう

肌を傷つけない洗顔の仕方とポイントを紹介しています。

肌を傷つけない洗顔の仕方とは

毎日のスキンケアの中でも、毛穴の汚れを洗い流し、肌をきれいにする役割を担っているのが「洗顔」です。 しかし、本来であれば、先ほど記述したように、肌をきれいにする役割を担っているはずが、洗顔によって、逆に肌を傷つけている場合というのも考えられます。 肌が傷つくと、様々な肌トラブルの原因になります。 肌が乾燥しやすくなる、ニキビができやすくなるなど、女性にとっては大きな悩みの種となってしまいます。

では、肌を傷つけないように洗顔するには、どのようにすれば良いのかということですが、まずは「きめ細かい泡をたくさん作ること」です。 たくさんのきめ細かい泡で洗うことで、肌への負担を軽くすることができます。 また、きめ細かい泡は、毛穴の奥深くまで入り込むことができるので、毛穴の汚れを落としやすくすることができます。

そしてもうひとつは、「ゴシゴシと擦らないこと」です。 肌をゴシゴシと擦ることで、肌が傷つきやすくなってしまいます。 あくまでも、泡の力だけで洗顔するようにし、指が肌に直接触れないようにすることが大切です。

注目コンテンツ

banner 洗顔をする時のポイント

詳細はコチラ

banner 固形タイプの洗顔料の保管方法

詳細はコチラ

banner きめ細かい泡を作るポイント

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 肌を傷つけない洗顔の仕方とポイントを知ろう. All Rights Reserved.